妊娠中に避けたいこと

お腹の赤ちゃんをしっかり守ってあげよう!

*

妊娠中は猫を飼ってはいけない?!

猫好きの方なら、「妊婦が猫を飼うべきではない…」という情報を聞いたことがあるかもしれないですね。しかし、お腹に赤ちゃんがいても猫を飼っている人は多くいます。実際はどうなのでしょうか。今回は、そのうわさの理由としてある「トキソプラズマ感染症」について説明します。

トキソプラズマっていうのは寄生虫の仲間

トキソプラズマは寄生虫の仲間です。人間だけに限らず、多くの哺乳類や鳥類に感染すると考えられています。猫はトキソプラズマに感染しても、一般的には症状が現れません。症状が出ても、リンパ節の腫れ、発熱など、非常にささいなため気付かぬうちに治癒していることが大半です。

人間が感染したところで無症状なことがよくありますが、免疫抑制剤やAIDSにより免疫力が低下しいる場合、中枢神経症状等の危うい症状がでるケースがあります。また、妊娠中にトキソプラズマ症に初感染すると、低い確率ですが胎児に深刻な障害や流産をもたらすケースがあります。

トキソプラズマ症の感染ルートには「猫の便」がある

トキソプラズマ症の感染ルートのひとつに猫の便による感染があるため、「妊娠中は猫を飼っちゃダメ」と考えている方もいるそうです。

猫からの感染は極めて稀

しかし、本当のところペットとして飼われている猫から妊婦さんにトキソプラズマが感染し、胎児に障害に影響を及ぼしている可能性は非常に異例です。なぜかというと、猫から人へ感染が成立するには諸々の条件があり、ペットとして飼われている猫がその条件を満たすことは困難だからです。

猫から妊婦に伝染する条件とは

1:妊婦中に初感染する
妊娠中に初めてトキソプラズマに感染したときのみ、胎児にもうつることが考えられます。妊婦さんが以前トキソプラズマに感染したことがあれば、抗体が作られています。妊娠中にもう一度トキソプラズマが身体の中に入っても、抗体により抑制されるので、胎児にまで影響が届きません。

猫を飼っていて妊娠する可能性が考えられる方はまず抗体を測っておくと良いと思われます。日本での妊婦の抗体陽性率は、7.1%という情報があります(2011年産婦人科診療ガイドラインより)。

2:猫も初感染する
猫から人へのトキソプラズマの感染経路は「猫フン」です。猫の便に含まれてトキソプラズマが出てくるのは、その猫が初めて感染したときだけだと言えます。そして、便中に出る期間は、感染後数日から幾週間の間に限られます。

2回目以降の感染では猫の身体全体にも抗体ができていて、便中にトキソプラズマが出てくる事例はありません。ちなみに、猫も動物病院で抗体検査を行うことが出来ます。ただ、既に妊婦さんが抗体陽性であれば、猫の抗体診査を行うことは不必要です。

猫の抗体陽性・陰性
猫が抗体陽性であった場合…抗体が作成されているおおかたの猫の場合、ずっと前からトキソプラズマを出す期間は終了しています。再感染したところで感染源になるおそれは低いため、大丈夫といえます。抗体値がスレスレ陽性であったケースや、抗体値の変動をみるために2~4週間のちに再検査することも考えられます。

猫が抗体陰性であった場合…この場合は、(1)まだ全く感染したことない、(2)感染初期で、まだ抗体が作成されていない状態、の2つケースがあります。

(2)の状況はまさしくトキソプラズマを出している可能性が大きいので危ないといえます。よって2~4週間のちに再検査することをお薦めします。再検査でも陰性であれば(1)、抗体価があっという間に上がっていれば(2)と断言することができます。

「ペットの猫が理由で胎児トキソプラズマ症が発症することは極めて希少」

つまり、猫がきっかけとなって胎児トキソプラズマ症になる懸念があるのは、「妊婦さんと猫のどちらとも今までトキソプラズマに感染したことがなく、妊娠中に猫が初めてトキソプラズマに感染し、その数日から数週間の間の猫の便が妊婦さんの身体内に入ったとき」です。妊婦さんと猫のいずれかが、これまでにトキソプラズマ症に感染したことがあり、抗体を持っていれば、まず安心できます。

トキソプラズマの感染危険性が大きいシチュエーション(外出自由、元ノラネコ)で育った猫は、既に感染歴がある傾向が高く、今まで感染しないでいた猫は感染ローリスクな事情(完全室内飼い)で育っており、今後も感染しないとも考えられます。よって先の条件(2)(妊娠中に猫が初感染)を満たすことが困難なのです。

これらのことにより、「ペットの猫が元で胎児トキソプラズマ症がもたらされることは非常に希少」と考えられます。

 - 未分類