妊娠中に避けたいこと

お腹の赤ちゃんをしっかり守ってあげよう!

*

妊娠中にも飲みたくなるコーヒー、その影響とは

ネットで「妊婦 コーヒー」をサーチしたら、カフェインが含まれているから飲んではいけないという記事がよくあります。コーヒーに目がないのに摂りたいけど我慢をしている方もいるでしょう。そこで妊娠中に飲むことからどんな影響を及ぼすのかチェックしてみました。

妊娠中にコーヒーを飲用してもOK?

コーヒーを飲んではいけない理由に、一番多くあげられているのがカフェイン。コーヒーはとてもカフェインが多いんです。、過剰に口にするとお腹の赤ちゃんに悪い影響が出てしまう危険度が高くなると考えられます。

コーヒーは鉄分の吸収を防御する「タンニン」も混ぜられています。鉄分は妊婦にとってなくてはならない栄養素なので、貧血がちの方だけでなく、妊婦であればコーヒーの飲用控えておいたほうがよいでしょう。

妊婦が飲んじゃ駄目なの?」といった意見ですが、決してそんなことはないです。赤ちゃんにとってカフェインはよくはないのですが、影響が出てしまうのは取り過ぎた場合の話です。

英国では妊婦が1日で飲んでもよいカフェインキャパシティーの上限は200mgといわれています。日本では明確な規準はないですけど、1日に150mgくらいまでに抑制したほうが安心考えられます。

たくさんコーヒーを飲むのであれば、普通のものではなくカフェインレスのコーヒーを選ぶようにするといいでしょう。ですが、カフェインレスとは言ってもタンニンは含まれているので、たくさん飲むのは止めるようしましょう。

ココアだったら気にせずに飲用してもOK?

「コーヒーはだめだけど、ココアだったらOKだね」と思っている方もいるのかもしれませんが、ココアもカフェインが混ぜられています。

含まれるカフェイン量は、純ココアか調整ココアかによって異なってしまいます。純ココアの場合は量は少ないけれど、お茶に比べてカフェインが多くなる可能性があります。調整ココアであれば、緑茶や紅茶と比較してもカフェインの量はわずかです。

妊娠中に飲むココアを選ぶ場合は、ぜひとも糖分が少ないものがおすすめしたいと思います。お湯でなくて牛乳で溶かして飲むと、カルシウムを飲み込めるので栄養面を想定するとよいかもしれません。

※かつては赤ちゃんへのアレルギー対策として牛乳を飲用しない方もほとんどでしたが、ここ何年かの研究では制限することは役に立たないといわれています。

ココアパウダーの量も影響されますが、1日に3杯4杯程であればココアを飲用したとしても特に悪くはないでしょう。いくらカフェインが多くないからといっても飲みすぎはいけません。糖分が含まれているのであれば、なおさら気をつける必要があります。

おびえることなく飲むなら「たんぽぽコーヒー」がいちおし

たんぽぽコーヒーの惹かれるところは、まずノンカフェインであるということ。カフェインを気に掛けいらっしゃる妊婦さんでも気がかりなく飲むことができます。ついでにタンポポの根には鉄分もいっぱいなので、貧血気味の方にも素晴らしい飲み物です。

たんぽぽコーヒーも優秀です。タンポポは利尿作用があるので、妊婦さんのむくみ取り消しにも良い結果が期待できます。さらに、血行を促す作用もあるので冷え体質の改善にもいいでしょう。

女性ホルモンの分泌を促進して母乳の出に役立つという作用があり、その効果には多くの方が体験されてます。母乳育児を狙っているとしたら、たんぽぽコーヒーは特におすすめしたいと思いますよ。

 - 未分類 ,