妊娠中に避けたいこと

お腹の赤ちゃんをしっかり守ってあげよう!

*

妊娠中の急激な体重増加がもたらすママと赤ちゃんへの影響

妊娠が発覚した後、つわりで悩まされる方は結構多く、また体重が減少することもあるでしょう。しかし、つわりが治まってくると、次は逆に食欲旺盛になり、食べても食べても満腹感が得られないパターンもよく耳にします。妊娠中に急激に体重が増加してしまうと、妊娠中毒症や妊娠糖尿病など引き起こしてしまう可能性があります。

妊婦さんの体重管理はとても大事

現在、産婦人科では体重のコントロールに厳しい所が増えてきました。

それは過度な体重増加によってもたらす危険があるからと考えられています。

妊娠中の急激な体重増加

妊娠中の急激な体重増加

体重増加が急激におこると、妊娠中に見られる妊娠中毒症、妊娠糖尿病などを引き起こす可能性が出てきます。特に妊娠後期に気をつけるよう医師から忠告を受けることは多いですね。

母親の体内の血糖値があがることで、胎児に何かしらの影響が出てしまう場合もあります。

妊娠初期の段階で、自分の妊娠前の体重から、どの程度まで増加してもいいものか、先生からのアドバイスも受けられます。

これはBMIから割り出され、人によっては12キロ程度まで増えても問題ない人、逆に5キロ程度までに抑えるように指示される人と、妊娠前の体重によって制限が違います。

妊娠後期の体重増加に気を付けて!

妊娠後期になり、むくみや尿たんぱくの検査で引っかかったり、血圧が高くなるといった症状が見られてきたら注意すべきでしょう。そういった症状が続くと、子宮へと流れる血流が悪くなるなどして、子供に十分な栄養が行き届かなくなることもあります。

妊娠が発覚したら、まずは増加しても良い体重を把握し、出産までの体重プランを立てるといいかもしれません。

体重が増えすぎると、今では看護師さんに要注意と厳しく指導されることもありますので、その前に自分で食生活の見直し、またウォーキングなどの軽い運動を取り入れて、なるべくプラン通りに実行できるようにしましょう。

体重増加に気をつけよう

体重増加に気をつけよう

妊娠後期はおなかも大きくなってくるため、運動したり体を動かすことが困難になってきます。特に妊娠後期は体もむくみやすいため、体調の管理、体重の管理には気をつけましょう。あっという間に体重が増えてしまった、ということも良くあります。

昔よく言われていた、「2人分食べる」は間違いです。リスクを考えて、管理しましょう。

妊娠中は食事制限をするのはなかなか難しいこと。でもローカロリーで栄養が豊富な栄養補助食品など、栄養ドリンクを取り入れてみることも一つの方法です。

おなかの赤ちゃんのことを考えると、天然で無添加ものがおすすめです。特に砂漠の奇跡の果実いわれるサジーには200種類の栄養素が入っていて、鉄分やビタミン、アミノ酸など妊婦さんにも嬉しい栄養素がたくさん含まれています。酸味のあるジュースですが、一度飲んではまってしまったというママもいるほど。

そんな日々の生活にプラスできる、カロリーが低くて栄養価の高い食品や飲み物を取り入れていくといいですね。

 - 体重増加 ,