妊娠中に避けたいこと

お腹の赤ちゃんをしっかり守ってあげよう!

*

妊娠中に自転車に乗るのは実はリスクが高いという事実

妊娠中、自転車には乗らない方がいいと言われていますね。妊娠中は倦怠感があったり、眠くなりやすかったりといつもより判断力が鈍ることもあり、事故が起きたり転倒してまっては大変。でも、事故や転倒以外にも妊娠中に自転車に乗ることはリスクがあるんです。

妊娠している時に自転車に乗らない方がいい理由

妊娠中はホルモンバランスの影響で、ぼーっとしたり眠くなったりするため注意力が下がってしまうため、自転車に乗った時に事故にあったり転倒したりしやすくなってしまいます。

また、自転車から受ける振動やペダルを踏んで力を入れることでお腹がはりやすくなるため、流産や早産につながることも考えられます。

妊娠中は骨盤が開きやすい状態にあり、自転車に乗ることで刺激になり骨盤が歪み、早産や難産、便秘など様々なトラブルの原因にもなってしまうのです。

妊娠中の自転車やバイクは控えよう

妊娠中の自転車やバイクは控えよう

妊娠中期以降になるとお腹も大きくなり体重も増え大変不安定になるため、転倒しやすくなってしまうので、いろいろなリスクを考慮すると、妊娠している時は自転車に乗るのは控えた方が良いと言えるでしょう。

本当に乗ってはだめ?ではいつから乗らない方がいいの?

とはいうものの、お迎えやお買い物で自転車に乗らなければいけないというママもいるはず。ただ、自転車に乗ることで起きるリスクはあるので、通る道や距離なども考慮して決して無理のない範囲にしておくのが良いでしょう。

どうしても自転車に乗らなければいけない状況にある時は、体調やおなかの赤ちゃんの状態なども含め、産婦人科の先生に相談してみるといいですね。

妊娠している時は、運動不足ならないように適度な運動が必要です。ウォーキングであれば無理なくできるので、運動不足を感じたらウォーキングなどをして軽く体を動かすと良いでしょう。

毎日景色を見ながら散歩をしていくと気分転換にもなると思いますよ。

 - 乗り物 ,